レポート

富山湾はさかなの宝庫! 海と魚を学ぶ学習イベント 「富山湾おさかな学校」を開催しました!Part2

1

海と日本プロジェクトin富山実行委員会は、富山湾の魚と豊かな海を未来へ残すためにできることを考える学習イベント「富山湾おさかな学校」を、2022年8月18日(木)・19日(金)・22日(月)の3日間開催いたしました。参加したのは、富山県内在住の小学5・6年生17名。富山湾を代表する「さかな」を起点に、さまざまな海の課題を学びました。

「天然のいけす」と呼ばれるほど魚の宝庫である富山湾ですが、近年は地球温暖化による海水温上昇、海洋ごみの問題などによって海の環境が変化しています。富山湾の魚の漁獲量も年々不安定となっており、当たり前に獲れていた魚たちが獲れなくなる未来がやってくるかもしれません。そんな状況を少しでも良くしようと、富山湾の魚を守り、育て、未来に残すさまざまな取り組みが行われています。今回の「富山湾おさかな学校」は、体験学習やワークショップを通してそれらの取り組みを学び、次世代の子どもたちに富山湾の魚と豊かな海を大切にする心を広げることを目的に開催いたしました。

このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

【イベント概要】

・開催概要
 体験学習やワークショップを通して、富山湾の魚と豊かな海を未来へ残すためにできることを考える学習イベント

・日程
 2022年8月18日(木)・19日(金)・22日(月)

・開催場所
 富山県内各所(富山市、魚津市、滑川市、高岡市、氷見市)

・参加人数
 富山県内在住の小学5・6年生 17名

・協力団体
 富山県農林水産総合技術センター 水産研究所、滑川高校、北日本新聞社、魚津水族館、マリンサービスバディ、パノラマレストラン光彩、ほたるいかミュージアム、株式会社TAPP、JA創作こうぼう、tototo、氷見市漁業交流文化センター、毛勝の郷 シェルピース、魚津埋没林 博物館、ハマオカ海の幸 ほか

森を育て、豊かな海を守ろう 〜海と森の絆〜

  1. 魚津市の「片貝山ノ守キャンプ場」周辺
  2. 魚津埋没林博物館の石須秀知館長による「森と海の水循環の仕組み」についての講義

最終日となる3日目は、魚津市を拠点に活動しました。「海を守るために、なぜ森を育てるの?」。その答えを探っていきます。まずは片貝山ノ守キャンプ場周辺で行われている植樹活動について、滑川高校海洋科の高校生に説明してもらいました。「森こそが海を豊かにする」と授業で学んだ高校生の皆さんは、一本一本、自分たちの手で植樹活動に取り組んできたそうです。またその際に、魚の残骸や死骸を肥料とし、海の恵みを無駄にしない活動も行っています。子どもたちは周辺の草刈りを行い、植樹活動が行われている森の豊かさを肌で感じました。

続いて、キャンプ場からほど近いコミュニティセンター「毛勝の郷 シェルピース」へ移動。森と海の水循環の仕組みについて、魚津埋没林博物館の石須秀知館長に講義していただきました。まず、魚津市に降る水はいくつかの川として海へ流れていくことや、魚津市は東京都と比べて降水量が多いことを説明していただきました。降水量を東京ドームや黒部ダムの杯数に例えられると、その規模の大きさに子どもたちは圧倒されていました。「森は水を受け止める緑のダム」と石須館長。森の水は陸の栄養を運んで海へ流れていき、陸の栄養がプランクトンや海藻を育て、海の生き物を育ててくれる。だから豊かな森づくりが重要なのだと教えていただきました。子どもたちからは「森がないと水はどこへ行くの?」「どのくらいの日数で森から海へ流れるの?」など、いろんな質問が相次いでいました。

富山湾の魚の魅力を伝える、オリジナル商品を開発しよう!  

  1. 「かけ紙」に使うイラスト制作を行う子どもたち
  2. 「かけ紙」にマスキングテープで色や模様をつける子どもたち

イベントのアウトプットとして最後に挑戦したのは、富山湾の魚の魅力を伝えるオリジナル商品の開発です。ハマオカ海の幸 専務取締役の浜岡愛子さん、クリエイティブディレクターの居場梓さん、デザイナーの林久美さんを講師にお招きしました。まずは浜岡さんから、富山湾の魚の加工品を詰め合わせにした「富山湾おさかなセット」を、魚津市のふるさと納税の返礼品にしたいという構想を伝えていただきました。子どもたちと制作するのは、その「かけ紙」と「しおり」。市外や県外の方に富山湾の魅力を伝えるツールということで、子どもたちの責任は重大です。

まずはかけ紙に使うイラスト制作です。ブリ、ホタルイカ、ベニズワイガニ、ゲンゲ、シロエビなど、富山湾を代表する魚を描いて、その上からマスキングテープで色や模様をつけてもらいました。実物の色や形を忠実に再現している子から、独創的に仕上げている子まで、十人十色のイラストが完成しました。子どもたちのイラストは、後日林さんがかけ紙としてデザインしてくれます。また、同封するしおりに掲載するメッセージも考えました。「富山の海の幸は日本一」「魚を食べるだけでなく、海を守る活動をつづけていきましょう」。子どもたちは3日間で学んだことを、力強くメッセージに込めていました。子どもたちの海に対する想いが詰まった「富山湾おさかなセット」は、2022年10月頃に完成予定です。

まとめ発表会&卒業式 

  1. グループで話し合いを行う子どもたち
  2. 発表会の様子

最後は保護者の方をお招きして、まとめ発表会&卒業式を行いました。3日間で学んだことや感想を各自でまとめたあと、グループごとに話し合い発表してもらいました。

「魚は食べられる部分よりも、捨てられる部分のほうが多いという話が印象に残った」「海洋ごみの現状を家族にも伝えて、ごみを減らす取り組みをしていきたい」「海に潜って生き物を見つけたのが楽しかった。海の環境がゆっくりと変わり続けていることを実感した」「未来に富山湾の魚を残すために、森を増やして海を豊かにする活動をしていきたい」といった感想が発表されました。保護者の皆さんも、3日間でいろんなことを学び、ひと回り成長した子どもたちに深く感心している様子でした。

卒業式では、参加した17名全員が「富山湾おさかな学校」の卒業証書を受け取りました。今回参加してくれた子どもたちが、これからも海や魚に積極的に親しみ、海を守る次世代のリーダーとなってくれることを期待しています。

<団体概要>

団体名称 :海と日本プロジェクトin富山実行委員会
URL                      :https://toyama.uminohi.jp/
活動内容            :「日本三大深湾」の富山湾は、標高3,000m級の北アルプスから、一気に水深1,000m以上の海底に達する急峻さが特徴で、世界的にも類を見ない構造です。漁場と港が近いため、鮮度が良いまま、店先や食卓に並ぶのが富山湾の魚の特長です。なかでも、ブリ、ホタルイカ、シロエビ、ベニズワイガニ、バイガイなどは特に有名です。また、「海越しの立山連峰」の景観、蜃気楼、ホタルイカ群遊海面など、美しい表情も観光客を魅了します。

「海と日本PROJECTin富山県」は、この豊かで美しい海を未来へ引き継いでいくために、さまざまな情報発信・活動を行っています。

 

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

<お問い合わせ先>

団体名:海と日本プロジェクトin富山実行委員会   担当者名:小林弘幸
電話:076-425-1111(富山テレビ放送株式会社内)  メールアドレス:sea@bbt.co.jp

  • 「富山湾はさかなの宝庫! 海と魚を学ぶ学習イベント 「富山湾おさかな学校」を開催しました!Part2」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/article/?p=2681" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 1
  2. 1
  3. IMG_3328
  4. DSC_0606
  5. vlcsnap-2021-02-16-16h45m13s263
  6. ③

Pickup

  1. 1121
    Twitterプレゼントキャンペーン オススメ干物詰め合…

    【イベント概要】富山湾のおいしい魚を、もっとみんなに知って、味わってもらいたい!海と日本プロジェクト…

  2. クロ200000000
    内容盛りだくさん!富山湾おさかな学校が開校!

    「富山湾おさかな学校」が開かれ、県内の小学生が富山の海と魚を学びました。…

  3. 海ノ民話のまちクロ⑤00000000
    海ノ民話のまち 虻が島に伝わる民話をアニメで次世代へ

    海にまつわる民話を発掘し親しみやすいアニメにして次世代に伝える『海ノ民話のまちプロジェクト』に富山県…

  4. 2022110101
    富山県氷見在住の魚料理研究家「昆布」による連載コラムvo…

    この頃朝仕事へ向かうため駐車場に向かうと、窓が結露している車を多く見かけるようになりました。「あぁ冬…

  5. クロ画像_④00000001
    夏休みに海を知ろう!五感で楽しむ深海魚イベント

    イベントは、ベニズワイガニやゲンゲ、アマエビなど 魚津市で多く水揚げされる深海魚をテーマに、…

海と日本PROJECT in 富山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP