レポート

氷見の冬の味覚「ナガラモ」

画像①

氷見の冬の味覚、海藻「ナガラモ」の漁が解禁され、125日(水)氷見漁港で、水揚げされた「ナガラモ」の初競りが行われました。

 「ナガラモ」はネバネバとした、食感が特徴で氷見市沿岸に自生しています。「ナガラモ」は海藻のヌメリ成分の「フコイダン」がわかめの約5倍、さらにミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど健康に良い成分が含まれているとされ、コレステロールを下げたり、丈夫な骨を作ったり、便秘解消の効果があるそうです。

25日の初競りでは、氷見漁港ではおよそ390キロのナガラモが水揚げされました。競り人の威勢の良い掛け声とともに仲買人たちが次々と競り落としていました。氷見漁業協同組合では、資源保護のため漁師1人あたりの水揚げ量を1日15キロに制限しています。

今年は生育が遅く、例年より10日解禁が遅くなりましたが、初セリ後の出荷量は例年並みで質もいいということです。

氷見市内の飲食店や宿泊施設では、「ナガラモ」を細かく刻んで、ご飯にかけて食べる「海とろめし」を提供しています。ぜひ、皆さんも一度味わってみてはいかがでしょうか?

 

氷見の「ナガラモ」初競り

25日の初競りでは、氷見漁港ではおよそ390キロのナガラモが水揚げされました。

競り人の威勢の良い掛け声とともに仲買人たちが次々と競り落としていました。

 

  • 「氷見の冬の味覚「ナガラモ」」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/article/?p=2000" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. IMG_3328
  5. DSC_0606
  6. vlcsnap-2021-02-16-16h45m13s263

Pickup

  1. クロ水中ドローン静止画5
    子どもたちが海中の様子に夢中!水中ドローンで知る私たちの…

    富山市水橋地域で子どもたちが水中ドローンの操縦などを体験するイベントが開かれました。…

  2. 生地静止画00000008
    直木賞作家が行く!生地鼻灯台の魅力とは

    「オール読物」が灯台を連載テーマに取り上げ、直木賞作家による紀行文を掲載しました。 …

  3. 漫画①00000000
    マンガで世界中の人々に未来の海に関心を高めたい!

    9月に開かれた魚津水族館フォーラム。 そこであるWebマンガのコンテンツがお披露目されました。…

  4. 1121
    Twitterプレゼントキャンペーン オススメ干物詰め合…

    【イベント概要】富山湾のおいしい魚を、もっとみんなに知って、味わってもらいたい!海と日本プロジェクト…

  5. クロ200000000
    内容盛りだくさん!富山湾おさかな学校が開校!

    「富山湾おさかな学校」が開かれ、県内の小学生が富山の海と魚を学びました。…

海と日本PROJECT in 富山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP