レポート

庄川サケ 稚魚初放流

vlcsnap-2021-02-15-14h35m52s077

先月28日、富山県西部を流れる庄川で人工ふ化から育てたサケの稚魚が今シーズン初めて放流されました。庄川沿岸漁業協同組合連合会では、毎年秋に遡上したサケの卵をふ化させ、稚魚を放流しています。職員が稚魚を丁寧に網ですくってトラックに詰め込み、およそ15万匹が放流されました。今年は雪の影響で水温が低く、稚魚の成育が遅れたものの、成魚から排卵した約1000万個のうち、700万個をふ化させ、体長5センチ、重さ1・0グラムほど、と例年並みに育っています。庄川のサケの漁獲量は減少傾向で、去年は9680匹と過去10年平均の半分程度となっています。(過去10年の平均1万9千896匹)放流は3月中旬まで続き庄川漁連では500万から600万匹の放流を目指しています。サケは、川から海に下り、日本海を北上してオホーツク海やアラスカ湾などを回避し、約4年後に産卵のために戻ってくるとされています。サケ漁は、10月中旬~12月中旬が見ごろで、庄川左岸の梁(ヤナ)に行けば、サケの遡上や捕獲の見学もできます。

 

 

  • 「庄川サケ 稚魚初放流」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/article/?p=2053" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. IMG_3328
  5. DSC_0606
  6. vlcsnap-2021-02-16-16h45m13s263

Pickup

  1. クロ水中ドローン静止画5
    子どもたちが海中の様子に夢中!水中ドローンで知る私たちの…

    富山市水橋地域で子どもたちが水中ドローンの操縦などを体験するイベントが開かれました。…

  2. 生地静止画00000008
    直木賞作家が行く!生地鼻灯台の魅力とは

    「オール読物」が灯台を連載テーマに取り上げ、直木賞作家による紀行文を掲載しました。 …

  3. 漫画①00000000
    マンガで世界中の人々に未来の海に関心を高めたい!

    9月に開かれた魚津水族館フォーラム。 そこであるWebマンガのコンテンツがお披露目されました。…

  4. 1121
    Twitterプレゼントキャンペーン オススメ干物詰め合…

    【イベント概要】富山湾のおいしい魚を、もっとみんなに知って、味わってもらいたい!海と日本プロジェクト…

  5. クロ200000000
    内容盛りだくさん!富山湾おさかな学校が開校!

    「富山湾おさかな学校」が開かれ、県内の小学生が富山の海と魚を学びました。…

海と日本PROJECT in 富山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP