レポート

富山湾でクジラ発見!

Exif_JPEG_PICTURE

先月7月20日(金)午前9時14分ごろ

射水市庄西町の伏木指向灯から北東約3・5キロ付近の富山湾沖で

パトロール中の伏木海上保安部の巡視船「のりくら」が、体長約10メートルの

クジラを発見しました。

 

このクジラは、

2003年に新種と判明した「ツノシマクジラ」の可能性があるということで、

専門家に、電話取材させていただきました。

 

取材:国立科学博物館

   動物研究部 脊椎動物研究グループ 田島 木綿子研究員

 

 

Q:今回発見されたクジラは、

  ツノシマクジラの可能性が高いのでしょうか?

 

回答:ツノシマクジラはヒゲクジラの一種。1998年に日本海にある山口県の角島に漂着し、2003年に新種として発表されている。

背びれ後部の先端が曲線状になっているのが特徴で、今回発見されたクジラは、写真を見ても、背びれがカギ状の形になっており、非常に可能性は高い。

 海外では多くみられ、インド洋のマダガスカル沖では普通に泳ぐ姿が見られるほか、台湾でも泳いでいる姿が見られる。

 

 

Q:富山湾で発見された何か要因などはあるのでしょうか?

回答:日本でどういう回遊をしているかわからないため、要因などはわからない。

 

 

 

写真提供:伏木海上保安部

今回、日本で泳いでいる姿が目撃されたというのは、非常に珍しいとのことでした。

まだまだ、謎が多い今回の富山湾でのクジラの目撃。海と日本プロジェクトin富山県では、今後も注目していきます。

  • 「富山湾でクジラ発見!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/article/?p=1215" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. IMG_3328
  5. DSC_0606
  6. vlcsnap-2021-02-16-16h45m13s263

Pickup

  1. クロ水中ドローン静止画5
    子どもたちが海中の様子に夢中!水中ドローンで知る私たちの…

    富山市水橋地域で子どもたちが水中ドローンの操縦などを体験するイベントが開かれました。…

  2. 生地静止画00000008
    直木賞作家が行く!生地鼻灯台の魅力とは

    「オール読物」が灯台を連載テーマに取り上げ、直木賞作家による紀行文を掲載しました。 …

  3. 漫画①00000000
    マンガで世界中の人々に未来の海に関心を高めたい!

    9月に開かれた魚津水族館フォーラム。 そこであるWebマンガのコンテンツがお披露目されました。…

  4. 1121
    Twitterプレゼントキャンペーン オススメ干物詰め合…

    【イベント概要】富山湾のおいしい魚を、もっとみんなに知って、味わってもらいたい!海と日本プロジェクト…

  5. クロ200000000
    内容盛りだくさん!富山湾おさかな学校が開校!

    「富山湾おさかな学校」が開かれ、県内の小学生が富山の海と魚を学びました。…

海と日本PROJECT in 富山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP