レポート

富山湾でクジラ発見!

Exif_JPEG_PICTURE

先月7月20日(金)午前9時14分ごろ

射水市庄西町の伏木指向灯から北東約3・5キロ付近の富山湾沖で

パトロール中の伏木海上保安部の巡視船「のりくら」が、体長約10メートルの

クジラを発見しました。

 

このクジラは、

2003年に新種と判明した「ツノシマクジラ」の可能性があるということで、

専門家に、電話取材させていただきました。

 

取材:国立科学博物館

   動物研究部 脊椎動物研究グループ 田島 木綿子研究員

 

 

Q:今回発見されたクジラは、

  ツノシマクジラの可能性が高いのでしょうか?

 

回答:ツノシマクジラはヒゲクジラの一種。1998年に日本海にある山口県の角島に漂着し、2003年に新種として発表されている。

背びれ後部の先端が曲線状になっているのが特徴で、今回発見されたクジラは、写真を見ても、背びれがカギ状の形になっており、非常に可能性は高い。

 海外では多くみられ、インド洋のマダガスカル沖では普通に泳ぐ姿が見られるほか、台湾でも泳いでいる姿が見られる。

 

 

Q:富山湾で発見された何か要因などはあるのでしょうか?

回答:日本でどういう回遊をしているかわからないため、要因などはわからない。

 

 

 

写真提供:伏木海上保安部

今回、日本で泳いでいる姿が目撃されたというのは、非常に珍しいとのことでした。

まだまだ、謎が多い今回の富山湾でのクジラの目撃。海と日本プロジェクトin富山県では、今後も注目していきます。

  • 「富山湾でクジラ発見!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/article/?p=1215" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 1506
  2. IMG_0278
  3. ①
  4. IMG_1709
  5. IMG_1635
  6. IMG_1449

Pickup

  1. 深海シンポジウム
    深海生物シンポジウム in 魚津

    富山湾は、大陸棚が狭く、水深1000m以上の深い海が海岸の近くまでせまっていることが大きな特徴で、そ…

  2. うみぽす 富山県から3つの作品が入賞
    うみぽす/富山県から3つの作品が入賞

    地元の海の魅力をポスターでPRするコンテスト「うみぽす」の表彰式が東京で行われ、富山県内から3つの作…

  3. 子どもが描いた海の幸がパッケージに
    子どもが描いた海の幸がパッケージに/おいしさで海に理解を…

    海のおいしさを知ってもらうことで海に理解を深めてもらおうという取り組みがあります。東京で開かれた「全…

  4. 1
    富山湾への想いを込めて・オリジナルパッケージ商品「日の出…

    今年の夏休みに実施した「TOYAMA 船のこども調査隊プロジェクト」。県内の小学5~6年生の25名の…

  5. IMG_1635
    2019☆富山こすぷれフェスタ 

    9/7(土)~9/8(日) 富山市民プラザ・グランドプラザで行われた今年で10回目となる北陸最大級の…

海と日本PROJECT in 富山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP