レポート

富山湾でクジラ発見!

Exif_JPEG_PICTURE

先月7月20日(金)午前9時14分ごろ

射水市庄西町の伏木指向灯から北東約3・5キロ付近の富山湾沖で

パトロール中の伏木海上保安部の巡視船「のりくら」が、体長約10メートルの

クジラを発見しました。

 

このクジラは、

2003年に新種と判明した「ツノシマクジラ」の可能性があるということで、

専門家に、電話取材させていただきました。

 

取材:国立科学博物館

   動物研究部 脊椎動物研究グループ 田島 木綿子研究員

 

 

Q:今回発見されたクジラは、

  ツノシマクジラの可能性が高いのでしょうか?

 

回答:ツノシマクジラはヒゲクジラの一種。1998年に日本海にある山口県の角島に漂着し、2003年に新種として発表されている。

背びれ後部の先端が曲線状になっているのが特徴で、今回発見されたクジラは、写真を見ても、背びれがカギ状の形になっており、非常に可能性は高い。

 海外では多くみられ、インド洋のマダガスカル沖では普通に泳ぐ姿が見られるほか、台湾でも泳いでいる姿が見られる。

 

 

Q:富山湾で発見された何か要因などはあるのでしょうか?

回答:日本でどういう回遊をしているかわからないため、要因などはわからない。

 

 

 

写真提供:伏木海上保安部

今回、日本で泳いでいる姿が目撃されたというのは、非常に珍しいとのことでした。

まだまだ、謎が多い今回の富山湾でのクジラの目撃。海と日本プロジェクトin富山県では、今後も注目していきます。

関連リンク

  1. 20180701085509_IMG_8908
  2. 3
  3. 3
  4. 6
  5. 6
  6. 1

Pickup

  1. 3
    2月3日(日)魚津かにの陣 家族みんなで海の駅蜃気楼へG…

    毎年恒例となりました「魚津かにの陣」!今年も「海の駅蜃気楼」にて開催します!なんと!! 来場先着10…

  2. 1
    第7回ひみぶりフェア

    鰤起こしが鳴り、本格的な寒ブリシーズン突入に活気づく氷見のまち。この冬の富山湾の王者「ぶり」の魅力を…

  3. 1
    ひみ食彩まつり

    寒ブリが全国的に有名な“食の都”富山県氷見市で、氷見ならではの地域の味を一堂に集める食イベント「ひみ…

  4. shusei20181011-1
    朝日町ヒスイ海岸・観光交流拠点施設『ヒスイテラス』20・…

    10月20日、朝日町ヒスイ海岸に観光交流拠点施設『ヒスイテラス』がオープンします。施設のオープンを記…

  5. 新 チラシ
    海と日本PROJECT in富山県×和洋旬彩「新」 オリ…

    厳選された四季折々の料理と地酒が人気の居酒屋「和洋旬彩 新(あらた)とコラボレーションしたオリジナル…

 
PAGE TOP