番組情報

富山湾の藻場調査(10/3 OA)

富山県-A32-s2

氷見市の沖合に広がるアマモの群生。
このような場所は藻場と呼ばれ、小魚などの生き物を育む「ゆりかご」となっています。
この藻場が毎年、どのように変化しているのか定点調査を行うのがNPEC、環日本海環境協力センターです。
去年、秋から冬にかけてアマモ場がなくなっていたところに潜ってアマモがいまどうなっているのかを調査します。
全国的にも減少傾向にあるという藻場が今年の氷見沖ではどうなっているのか。
海中の様子をお伝えします。

関連リンク

  1. 富山県-A・29-s05
  2. 富山県-A・28-s03
  3. 富山県-A・27-s17
  4. 富山県-A・25-s08
  5. 富山県-A・24-s04
  6. 富山県-A・23-s02

Pickup

  1. 3
    2月3日(日)魚津かにの陣 家族みんなで海の駅蜃気楼へG…

    毎年恒例となりました「魚津かにの陣」!今年も「海の駅蜃気楼」にて開催します!なんと!! 来場先着10…

  2. 1
    第7回ひみぶりフェア

    鰤起こしが鳴り、本格的な寒ブリシーズン突入に活気づく氷見のまち。この冬の富山湾の王者「ぶり」の魅力を…

  3. 1
    ひみ食彩まつり

    寒ブリが全国的に有名な“食の都”富山県氷見市で、氷見ならではの地域の味を一堂に集める食イベント「ひみ…

  4. shusei20181011-1
    朝日町ヒスイ海岸・観光交流拠点施設『ヒスイテラス』20・…

    10月20日、朝日町ヒスイ海岸に観光交流拠点施設『ヒスイテラス』がオープンします。施設のオープンを記…

  5. 新 チラシ
    海と日本PROJECT in富山県×和洋旬彩「新」 オリ…

    厳選された四季折々の料理と地酒が人気の居酒屋「和洋旬彩 新(あらた)とコラボレーションしたオリジナル…

PAGE TOP