お知らせ

CHANGE FOR THE BLUE 海洋ごみ対策

1

昨年11月日本財団が発表した、世界的に問題視されている「海洋ごみ」に対して、産官学民が連携して国民的な取組みをめざす新たなプロジェクト

「CHANGE FOR THE BLUE」

 

この名称には、国民一人ひとりが「海洋ごみ」の問題を自分事化し、これ以上、海にごみをださない という社会全体の意識を向上させていくため、

産官学民が一体となり、日本から世界に発信できる海洋ごみ対策のモデルを生み出し、

海の豊かさを守り(the blue)、海にごみを出さない(change)

という強い意志が込められています。

 

深刻化する海洋ごみ問題。特に、プラスチックごみ問題は、その量は2010年ベースでおよそ800万トン。

年々増加しており、2050年には海洋に生息するすべての魚の量を上回ると予測され、とりわけマイクロプラスチックの生態系に及ぼす影響が懸念されています。

 

このプロジェクトでは、地方自治体(富山市など)とも連携しながら、進めることが決まっており、日本財団の富山市への海ごみ対策モデル都市の期待も大きく

 

2019年の海と日本プロジェクトの活動における大きな柱となり、注目です。

CHANGE FOR THE BLUE ロゴ

※11月27日(火)日本財団で開催された記者発表

  • 「CHANGE FOR THE BLUE 海洋ごみ対策」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/article/?p=1330" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 1
  2. 1
  3. ①
  4. 6月2日(日)岩瀬浜清掃活動
  5. ①日本財団×富山市
  6. img_162391_1

Pickup

  1. 深海シンポジウム
    深海生物シンポジウム in 魚津

    富山湾は、大陸棚が狭く、水深1000m以上の深い海が海岸の近くまでせまっていることが大きな特徴で、そ…

  2. うみぽす 富山県から3つの作品が入賞
    うみぽす/富山県から3つの作品が入賞

    地元の海の魅力をポスターでPRするコンテスト「うみぽす」の表彰式が東京で行われ、富山県内から3つの作…

  3. 子どもが描いた海の幸がパッケージに
    子どもが描いた海の幸がパッケージに/おいしさで海に理解を…

    海のおいしさを知ってもらうことで海に理解を深めてもらおうという取り組みがあります。東京で開かれた「全…

  4. 1
    富山湾への想いを込めて・オリジナルパッケージ商品「日の出…

    今年の夏休みに実施した「TOYAMA 船のこども調査隊プロジェクト」。県内の小学5~6年生の25名の…

  5. IMG_1635
    2019☆富山こすぷれフェスタ 

    9/7(土)~9/8(日) 富山市民プラザ・グランドプラザで行われた今年で10回目となる北陸最大級の…

海と日本PROJECT in 富山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP