番組情報

富山の水族館だからこそ、地元の情報を大切に魅力を発信!

1

魚津水族館には北アルプスから日本海の深海まで、富山に特化した生き物が展示され、その中でも飼育員たちが海や川で調べた情報が面白く描かれた解説板が人気となっています。

海の魅力を伝え続ける水族館館長

案内板の元になる海や川でのフィールド調査は、水族館の館長・稲村修さんが40年前に始めたもので、今でも若い飼育員たちと一緒に定期的に潜っています。年々、海の生き物が変化していて、そんな海の状況も後輩たちに伝えていると言います。

稲村さんがもう一つライフワークにしているのが、子どもが対象の生き物観察会です。
海の生き物に触れながら、どんな環境に生き物が暮らしているのか、自分の目で見ることが大切だと、今後もこうした魚のふるさと教育を進めていきたい、と稲村さんは熱く語っています。

  • 「富山の水族館だからこそ、地元の情報を大切に魅力を発信!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/article/?p=2353" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. gomizeroweek1
  2. abugashima06
  3. シロ200000000
  4. vlcsnap-2021-07-29-00h28m37s391
  5. こんぶ学習帳1

Pickup

  1. 豆腐昆布ボール 紹介用
    海と日本プロジェクト コラボオリジナルお惣菜「豆腐昆布ボ…

    富山市の飲食店「ぺんぎん食堂」さんとコラボレーションし、開発いただいた昆布風味の新しいお惣菜「豆腐昆…

  2. 220105_1
    富山県氷見在住の魚料理研究家「昆布」による連載コラムvo…

    あけましておめでとうございます!2022年もこのコラムを通して氷見や富山湾の面白さ・素晴らしさを発信…

  3. 20211201-1
    富山県氷見在住の魚料理研究家「昆布」による連載コラムvo…

    雨のち、曇りのち、雹のち、晴れのち雷。目を上げるたびに天気が変わる、富山の冬。そんな天候に備えるよう…

  4. 202111_1
    富山県氷見在住の魚料理研究家「昆布」による連載コラムvo…

    氷見の景観の代表的なものといえば、富山湾越しの立山連峰。秋ごろからは空気が澄み、はっきりとその輪郭を…

  5. スポGOMI甲子園大募集
    スポGOMI甲子園 富山大会 参加チーム大募集

    応募はこちらのURLからhttps://business.form-mailer.jp/lp/d59…

海と日本PROJECT in 富山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP