番組情報

生地の灯台が津波発生時の避難場所に(12/19)

2017年12月19日

黒部市の灯台が、津波や寄り回り波の緊急避難場所として利用出来るようになりました。県内では初めて、全国でも2例目ということです。灯台の敷地が津波や寄り回り波の避難場所として使えるようになったのは、黒部市の海沿い、海抜4.5メートルの所にある生地鼻(いくぢはな)灯台です。今日、黒部市の堀内市長と灯台を管理する伏木海上保安部の福井孝之(ふくいたかゆき)部長が緊急避難場所の使用に関する協定書に調印しました。灯台のある黒部市生地の芦崎(あしざき)地区では2008年に寄り回り波で床下浸水の被害を受けた他、呉羽山断層帯を震源とする地震が発生すると、最短2分で最大3.5メートルの津波が到達することが予想されています。この地区には515人が住んでいて、周りに高い建物や高台などがなく、住民から不安の声が上がっていました。今後、津波や寄りまわり波が発生した際、緊急避難場所として、住民が鍵を開けて灯台の敷地が使える他、予想される津波の高さが灯台のある海抜4.5mを超える場合、高さおよそ30mの灯台内にも避難することが出来ます。カギは地域住民と黒部市に3本貸し出されました。海上保安庁によりますと、生地鼻灯台のように灯台の敷地を避難場所に活用するのは県内では初めて、全国では秋田県の鵜ノ崎(うのさき)灯台に次いで2例目です。

  • 「生地の灯台が津波発生時の避難場所に(12/19)」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/article/?p=753" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 漫画①00000000
  2. クロ200000000
  3. 海ノ民話のまちクロ⑤00000000
  4. 造⑩00000000
  5. クロ画像_④00000001
  6. 海⑧00000000

Pickup

  1. 漫画①00000000
    マンガで世界中の人々に未来の海に関心を高めたい!

    9月に開かれた魚津水族館フォーラム。 そこであるWebマンガのコンテンツがお披露目されました。…

  2. 1121
    Twitterプレゼントキャンペーン オススメ干物詰め合…

    【イベント概要】富山湾のおいしい魚を、もっとみんなに知って、味わってもらいたい!海と日本プロジェクト…

  3. クロ200000000
    内容盛りだくさん!富山湾おさかな学校が開校!

    「富山湾おさかな学校」が開かれ、県内の小学生が富山の海と魚を学びました。…

  4. 海ノ民話のまちクロ⑤00000000
    海ノ民話のまち 虻が島に伝わる民話をアニメで次世代へ

    海にまつわる民話を発掘し親しみやすいアニメにして次世代に伝える 『海ノ民話のまちプロジェクト』に富山…

  5. 2022110101
    富山県氷見在住の魚料理研究家「昆布」による連載コラムvo…

    この頃朝仕事へ向かうため駐車場に向かうと、窓が結露している車を多く見かけるようになりました。「あぁ冬…

海と日本PROJECT in 富山県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://toyama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://toyama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 富山県</a></iframe><script src="https://toyama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP